通学路となっている西丸山町3丁目の道沿いに空き地があり、その石垣が崩落しそうな危険箇所があり、PTAの方から相談を受けました。まず、区役所に空き地の所有者に対して対策を講じるように連絡するように依頼しましたが進展がありませんでした。そこで次に校長先生と通学路の変更を相談させていただきました。通学路を変更する上で、新たに通る道に横断歩道がないことが課題となり、県警と神戸市に申入れを行い、ガードレールの撤去など道路整備をしたうえで、横断報道が設置され、安全な通学路での登校ができるようになりました。