丹波の三大名産品は、黒大豆、大納言小豆、栗です。今回の視察では、最盛期の2割以下に生産量が減っている丹波栗の生産現場でお話を伺いました。
足立栗園の足立さんは、退職してから栗生産を始めたとのことですが、韓国から栗の皮をむく機械を安く導入したり、皮をむいた生栗を0度近くで1か月冷蔵すると甘みが3倍増になることを実践するなどして、品質の高い、他にはない美味しい栗を生産していました。
もっと、丹波の名産品である栗の生産を増やしていきたいとの思いを持っておられ、古くから名声の高い丹波栗の復活に向けて県ももっと支援を強化する必要があります。
台風の土砂災害で土砂が流れ出たところを、土砂を撤去せずにそこを栗園にする構想があるとことでした。