神楽町・ローソン前の交差点の白線の矢印が消えていて危ないとの指摘がありました。交差点北側から南進する際の車線の構造が、1車線の本線が直進か左折する場合は左側車線になり、右折する場合は本線から右折車線に車線変更するようになっていましたが、直進した場合のガード下の道路が右折レーンの真正面になるために、右折レーンから直進する車が多く、本来の左車線から直進する車とぶつかりそうになるケースが頻発していました。そこで県警に本線を直進と右折に、左側車線は左折専用に構造を変更した上で、消え掛かった白線や矢印の塗り直しを要望し、安全性が高まる交差点改善が実現しました。個人的にぶつかりそうになる車をよく見かけましたが、この改善以降はスムーズに流れるようになったと感じています。

車線の改善後の様子